こんにちは、まみんちゅです(^^)

”プランクトンを28年間撮り続ける男”こと

水中写真家の「峯水亮(みねみずりょう)」さんが

2月20日放送のクレイジージャーニーに出演されます!

 

プランクトンといえば”魚の餌”という

イメージしかなかったのですが、

そのプランクトンの写真を

なんと30年近くも撮り続けているという

水中写真家峯水亮さん!

 

水中写真家という職業も初めて聞いたのですが

そもそもなぜ”普通”の写真家ではなくて

”水中”写真家を目指そうと思ったのでしょうか。

 

クレイジージャーニーに出演するからには

きっとクレイジーな理由に違いない!(笑)

 

また、峯水亮さんのプロフィールや経歴、

結婚や妻子の有無、さらに年収などについて

気になったので調べてみました。

それでは早速、みなさんも一緒に確認していきましょう!

今回お伝えする内容はこちらです(∩´∀`)∩

  1. 峯水亮(水中写真家)のWiki風プロフィールや経歴
  2. 峯水亮(水中写真家)は結婚している?妻や子供は?
  3. 峯水亮(水中写真家)の年収はズバリ!いくら?
スポンサードリンク

峯水亮(水中写真家)のWiki風プロフィールや経歴

出典:https://twitter.com/ryo_minemizu

  • 名前:峯水 亮(みねみず りょう)
  • 生年月日:1970年(昭和45年)生まれ
  • 年齢:49歳(2019年2月現在)
  • 出身地:大阪府枚方市

大阪府枚方市で生まれ育った峯水亮さんは

16歳の時に両親などの周囲の反対を押し切って

地元有数の進学校を自主退学したそうです。

 

せっかく入学した進学校をなぜ辞めたのか。

その理由は”勉強よりも音楽活動に夢中だったから

 

高校生活が無意味に思えて仕方なくて

居ても立っても居られなくなった峯水亮さんは

高校を辞めて音楽の町・吉祥寺へ上京しました。

 

そして仲間を集ってバンドを結成し、

”音楽で生きていく!”と本気で取り組んで

いたものの、数年後には自分には才能が

ないことに気付いて挫折…

 

そんな波瀾万丈な青春時代を過ごしたのち

東京を離れ、静岡県に移り住んだのは19歳の

頃のことでした。

 

当時、働いていた会社の上司から

「ダイビングをやってみないか?」と誘われたのが

きっかけでダイビングに興味を持ったそうです。

 

そんなに深くない海だったそうですが

海中には地上とは全く別の世界が広がっていて

こんなに面白い世界があるんだ、と感動した

峯水亮さんは「これを仕事にしよう!」と

思ったんだとか。

 

私も新婚旅行で訪れた沖縄県で

初めてダイビングをしたのですが、

それはそれはとても感動的なものでした!

たった数メートル潜っただけなのに

自分の知らない美しい世界が広がっていて…

自分の悩みなんて

一瞬でどうでもよくなりましたね(笑)

もちろん

あの時の感動は今でも覚えていますよ!

 

(さて、峯水亮さんのお話に戻しましょう。)

気持ちが固まったらあとは行動するのみ!と

持ち前の行動力でダイビングの資格を取り、

上司が経営していたお店でガイドとして

働くようになりました。

 

ガイドとして働きながら

海の知識を深めるために

仕事の休みの日にも海に潜っていたと言います。

海の世界にすっかり魅了された峯水亮さんは

ある時、馴染みのゲストから古いカメラ機材を

譲り受けました。

するとたちまち水中撮影に夢中になり、

お店のオープン前の早朝など

他のダイバーたちがいない時間帯に

潜って撮影することが日課になっていったそう。

 

ときには給料を前借しなくては

ならないほど、フィルム代や現像代が

かさんでしまったこともあったそうですが、

自分の好きなことに没頭できる生活に

とても満足していたそうです。

 

そして27歳の時、

7年間の大瀬崎でのガイド業を卒業し

水中写真家として独立することに!

 

しかし、思い通りににはいかず

アルバイトをしながら水中撮影をし

独立から3年後の2000年11月に

日本初となるエビカニ専門図鑑

海の甲殻類」を出版しました!

 

発売から15年以上経った現在でも

バイブルの1つとして全国のガイド陣から

重宝されているというこの図鑑には

峯水亮さんのこだわりが詰め込まれて

いるからに他ならないでしょう。

峯水亮の結婚や妻子、年収については次のページへ