こんにちは、まみんちゅです(^^)

 

体育の授業で必ずと言っていいほど

バレーボールやりますよね!

私はサーブは得意だったんですが

レシーブやトスが苦手で

体育の授業が憂鬱だったのを覚えています。

サーブを打ちまくると

腕がアザだらけになって

内出血もすごくて

見た目が痛々しくなるんですよね…(笑)

ああ懐かしい…

あの頃は青春してたなあ。。

 

さてさて

今回の爆報THEフライデーに登場するのは

ソウルオリンピックに

女子バレーボール代表として出場した

杉山明美(すぎやまあけみ)」さんです。

引退から20年…

現役時代から抱えていたという病気の詳細や

今現在の様子、収入や結婚・子供などについて気になり、調べてみました。

みなさんも一緒に確認していきましょう!

今回お伝えする内容はこちらです(∩´∀`)∩

  1. 杉山明美のプロフィール(1ページ目)
  2. 杉山明美を苦しめた病気の数々(1ページ目)
  3. 杉山明美は結婚してる?子供は?(2ページ目)
  4. 杉山明美の今現在の収入はいかに?!(2ページ目)
スポンサードリンク

杉山明美のプロフィール

出典:http://www.crys-athlete.com

  • 名前:杉山 明美(すぎやま あけみ)
  • 生年月日:1965年3月1日
  • 年齢:52歳
  • 出身地:神奈川県平塚市
  • 身長:175cm
  • 体重:62kg
  • 資格:分子整合栄養医学管理士、分子栄養医学健康指導士、血液栄養診断士、食育指導士

中学生時代にバレーボールを始めた杉山明美さんは

神奈川県立五領ヶ台高校へ進学後にバレーの頭角を現し、

東海大学時代にはリーグ優勝に貢献したことも。

1987年に日本電気に入社し、

1年目からレギュラーメンバーとして活躍!

日本リーグでの優勝、スパイク賞、

そしてベスト6の受賞に輝き、

勢いそのままに翌年には

誰もが羨むオリンピックへの出場を果たしました。

 

しかし、チームリーダーとしての重圧から

食欲が落ちてしまい

夜も眠れなくなってしまったそうです。

 

ごく普通の会社員でも

大切な会議や商談の前日って

翌日のことばかり考えてしまって

不安や緊張から眠れなくなってしまうことってありますよね。

 

杉山明美さんの場合は

チームのまとめ役(リーダー)という立場ですから

責任も重大ですし

ただでさえ体を動かす仕事で

体力が必要なのに食べられない・眠れない

そんな中での練習や試合って相当

精神的にも肉体的にもキツかったはずですよね…

そんな中ついに恐れていた事態が

杉山明美さんを襲いました。

スポンサードリンク

杉山明美を苦しめた病気の数々…

 

まず杉山明美さんを襲った病気は

鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)」です。

 

赤血球の主原料となる鉄が不足することによって

起こる貧血のことで、

貧血全体の7割を占めるというこの病気。

特に女性は毎月月経によって

血液が慢性的に減ってしまいますので

特によく聞く病気のひとつだと思います。

 

症状としては

  • 全身がだるくて疲れやすい
  • 動悸、息切れ
  • めまいや立ちくらみ

などがあります。

私の場合は妊娠中に貧血と診断され

鉄剤を服用していたことがあります。

確かに貧血と言われた時期には

めまいや立ちくらみがひどく

危うく転びそうになったこともありました。。

重度の場合は点滴をしなければならないこともあるみたいなので、

普段の食事で鉄分を多く含む食材を

意識して摂取すると良いようですね。

 

杉山明美さんは鉄欠乏性貧血をきっかけに

骨折や足底筋膜炎、亜脱臼に低血糖症…と

様々なケガや病気に悩まされていたそうです。

そしてそれらの原因は

栄養バランスの乱れから起こったものだったそうです。

 

普段の食事で意識はしていても

なかなかバランスの良い食事を摂り続けることって

難しいですよね。。

サプリメントなどでうまく補いながら

無理のない範囲で続けていくことが

大切なのかもしれませんね。

杉山明美の現在の収入や結婚、子供については次のページへ