稲葉基大と浅野理生が経営する和菓子店wagashi asobiの場所や口コミは?夫婦の馴れ初めや年齢をWiki風に紹介【クロスロード】

テレビ

和菓子職人の

稲葉基大(いなば もとひろ)さんと

浅野理生(あさの りお)さん

夫婦が営むお店「wagashi asobi(わがしあそび)」をご存知ですか?

開店から三周年を迎えた

東京都大田区にある自宅兼和菓子店では、

二種類の商品しか取り扱っていないのにもかかわらず、

日本各地はもちろんのこと

世界からも客足が絶えない大人気店です。

 

4月9日放送のクロスロードでは、

なぜたった二種類の商品ラインアップのみで

ここまでの大人気店へと成長させることができたのか、

という理由に迫るようです。

 

なので今回は、そんな人気和菓子店を営む

稲葉基大さんと浅野理生さんが

結婚するきっかけとなった出会いや馴れ初め・年齢、

和菓子店の商品や評判(口コミ)など

について気になったので、調べてみました。

 

みなさんも一緒に確認していきましょう!

今回お伝えする内容はこちらです(∩´∀`)∩

  1. 稲葉基大のWiki風プロフィール(1ページ目)
  2. 浅野理生のWiki風プロフィール(1ページ目)
  3. 夫婦が営む和菓子店「wagashi asobi」は場所はどこ?(1ページ目)
  4. 「wagashi asobi」の商品や口コミは?(2ページ目)
  5. 夫婦の出会いや馴れ初めは?子供はいるの?(2ページ目)

稲葉基大のWiki風プロフィール

出典:http://wagashi-asobi.com/

  • 名前:稲葉基大(いなば もとひろ)
  • 生年月日:1973年生まれ
  • 年齢:42歳(2016年4月8日現在)
  • 出身地:東京都
  • 資格:製菓技能士一級、製菓衛生師

有名老舗和菓子店の「虎屋」に入社後、

東京勤務中に和菓子作りの面白さにはまり、

その後ニューヨーク店で6年、

パリでも勤務した経験を持つ。

 

帰国後、虎屋に勤務する傍ら、

ジャズシンガーや写真家などのアーティストと

コラボレーションして作った

創作和菓子のイベントを多数開催するように。

 

浅野理生のWiki風プロフィール

2

出典:http://vl-fcbiz.jp/article/a002480.html

  • 名前:浅野理生(あさの りお)
  • 生年月日:1973年生まれ
  • 年齢:42歳
  • 出身地:北海道
  • 資格:製菓技能士一級、製菓衛生師、管理栄養士

京都にある老舗和菓子店「鍵善良房」で修業したのち、

有名店で経験を積む。

その後、虎屋へ入社した。

 

夫婦が営む和菓子店「wagashi asobi」は場所はどこ?

「wagashi asobi」の店舗情報

  • 住所 〒145-0064 東京都大田区上池台1-31-1-101
  • TEL(FAX同じ) 03-3748-3539
  • 営業時間 10:00~17:00
  • 定休日 不定休
  • 最寄り駅 東急池上線「長原」駅 徒歩1分

改札を出て左に曲がった後、つきあたりを右に

そのまま80m進んだ左側の駐輪場手前にある

小さなハーブガーデンが目印だそうです。

 

※イベントなどで不在の場合があるそうなので

お店に行かれる前に一度確認してからお出かけ下さいね!

定休日や詳細については《wagashi asobi公式サイト》をご確認ください。

和菓子店の商品や評判、夫婦の馴れ初めについては次のページへ

「wagashi asobi」の商品や口コミは?

【ドライフルーツの羊羹(ようかん)1棹 税込2,160円】

img_35

出典:http://wagashi-asobi.com/item/item_a.html

妻の故郷である北海道産の小豆から作ったなめらかなこしあんと

沖縄県西表島産の風味の良い黒糖とラム酒で炊き上げた羊羹に

ドライフルーツの苺とイチジクに加えてたくさんのクルミが入った

食べ応えのあるお菓子。

1cmほどにスライスして食べるのがオススメなんだそうですよ!

 

【ハーブのらくがん 1種類(4粒入) 税込360円】

img_34

出典:http://wagashi-asobi.com/item/item_b.html

”らくがん”というと

ぼそぼそして甘いお菓子だというイメージが強い方も多いのでは?

そんなイメージを覆す美味しいお菓子を目指して作ったんだそうです。

ローズマリーやハイビスカス、抹茶や苺など数種類を展開しており、

香料や着色料を一切使用せず、

素材そのものを練り込んで作り上げたこだわりの一品だそう。

 

そして気になる口コミはこちら!

イチジクと洋酒があんと絶妙のマッチングです。
おススメどおりバケットの上に、バターと一緒にスライスして食べると
クリーミーさと控え目な甘さが口に広がります。
甘いお菓子が苦手な人も食べられたとの、お酒好きの方はワインなどと合わせても好評でした。

 

その名の通り「遊び」の心を持って作り出したアート。
和菓子ってとても美しい色と形をしていますが、
わりともう基本がしっかりあって、その姿勢を崩さない凛としたところが美しいし、同じだからこそ店ごとに違いが出ますね。

でも、こちらの和菓子は、どこか違って個性的。
今までにない形。綺麗で楽しい!

出典:http://tabelog.com/

 

新感覚の和菓子との出会い・目で見る楽しみ…

お値段はちょっとお高めですが、

その分素材にこだわりぬいた逸品ですから納得です!

 

東京の店舗まで遠くて買いに行けないよー(´・ω・`)という方もご心配なく!

お取り寄せ後、指定の住所まで発送してくれるサービスがありますよ♪

《ご注文・お問い合わせフォーム》から申し込みできるそうです。

[ad#1]

夫婦の出会いや馴れ初めは?子供はいるの?

2人の出会いは、有名老舗和菓子店”虎屋”に

浅野理生さんが入社したことがきっかけだったそうです。

俗にいう社内恋愛ですね(*´з`)

はじめのうちはそれぞれ別々に活動していたそうですが、

ご主人の稲葉基大さんが声をかけたことで

二人で和菓子を作ることになったんだとか。

 

いつ頃結婚されたかは不明ですが、

稲葉基大さんのTwitterを見てみると

かわいらしい女の子とお2人が写っている画像を見かけました。

この子供さんが果たして

夫婦の間に生まれたお子さんなのか定かではありませんが

お2人の年齢などを考えると、お子さんがいても不思議ではありません。

なので、もしかしたらこの女の子はお2人の子供さんかもしれません。

なお、画像の公表については控えさせていただきます。

気になる方は稲葉基大さんのTwitterをご覧ください。

 

まとめ

今回、和菓子ユニットこと

稲葉基大さんと浅野理生さんについて気になり、まとめてみました。

日本に古くからある伝統にちょっとした遊びを加えて

これまでにない新しい和菓子を作り上げるご夫婦のこれからの活躍に

今後も目が離せませんね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました